もるだーPの日々徒然なるままに。

ニコマスでほそぼそと動画を作っている底辺Pのブログ。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え? 週マス54位?

2010-11-13
アイドルマスター
こん○○わ。もるだーPです。

朝起きたら週刊アイドルマスターランキングが来てたので、朝飯食べつつ視聴していたら、54位に見覚えのある名前を発見。

ふ~ん。もるだーPか~。誰だったっけな(←ご飯食べつつ半分寝ていたので実話)その後完全に覚醒して驚くまで数秒要しましたw

いやはや、今まで作った中で最高ランクです。
これまでは5みゅます版のセーラームーンが64位だったかな? で一番上でしたが。
本当にご覧いただいた方々、イラスト使用を快く承諾してくださいました絵師様方。ハニワP、それに立ち絵提供をしてくださいました百合根Pに心からお礼申し上げます。


さてそれでは恒例のコメント返信を。




>コメント番号2:四天王かわいい
 →可愛くも雰囲気のあるイラストを頑張って探しました! 絵師様のほかのイラストも素敵なので、良かったら作者サイトもご覧くださいな~

>コメント番号4:4期もいいよね~
 →4期までくると色々と演出にも凝ってくれて見てて楽しんだ記憶があります。

>コメント番号5etc.:尾崎さんの無茶に関するコメ
 →チクショウ! 尾崎さんは無茶してないんだ! あの人は小鳥さんと一緒でいつまでも可愛いんだ! 50過ぎてもセーラー似合いそうなのは尾崎さんしかいないんだ! だからマダオとか無茶しやがってとか言うんじゃ……。あれ? どうしたんですか尾崎さん。そんな釘バットなんか持っt(ry

>コメント番号7etc.:真の配役に関してのコメ
 →思った以上に多くてびっくりしました。いや納得できるのは納得できるんですが、てっきりりっちゃんの方がコメ多いかと……。

>コメント番号8etc.:春香さんに関するコメ
 →何故中村先生の歌使わなかったり、今まで出なかったりしていたのか全ての理由がこれですwもう最初から春香さんは閣下として最終ボスになって頂く予定でした。しかし、自分もあんなにぴったりの春香さんが描かれているとは思いもよらず、探して見た瞬間にソッコー作者様にメールしてましたwともつか治臣様、本当にありがとうございました!

>コメント番号11etc.:小鳥さんに関するコメ
 →うん。まぁ、あの人はとうとう腐が全身の色を変化させるまで行ってしまったのデス。

>コメント番号12:おざりん~可愛い
 →貴方はわかっている!

>コメント番号13:はにわPの絵?
 →その通りです。カクテルDSXにて使われいたはにわPのイラストをお借りしました。


>コメント番号15:やよいはちびうさの方が…
 →これは5みゅますの時も言いましたが、ちびうさは成長するとセーラームーンになります。そのため髪型的にも問題なしです。

>コメント番号17:ついに来たか
 →遅れて申し訳ないです;;

>コメント番号20:具体的な悪事は働いてないよね?w
 →やよいが来る前に働いてるんです。自分の趣味を見せ付けて同士を増やしたりカップリング談義したりして。

>コメント番号22:豪華だな
 →お蔭様で豪華絢爛のイラストにて飾ることができました。

>コメント番号25:小っこいジュピターも意外性があるのう
 →可愛いは正義なので意外性ではなくて必然なのですw

>コメント番号29etc.:放送日に関するコメ
 →作るほうも長生きしないといけないですなぁ……。

>コメント番号33:懐かしいな
 →アニメ見直すと涙でてきますよw

>コメント番号36:せめて雪国モヤシに
 →なんで雪国モヤシなんだろう?www

>コメント番号37:あくまでももやしw
 →やよい「もやしは体にいいんですっ! そんな最高の食べ物は月と同じくらい偉いんです!」

>コメント番号44:四天王の名前は?
 →ブログもしくはiM@S架空戦記シリーズ補完wiki にてご確認ください。

>コメント番号45:つまりセーラーもやしじゃね?ww
 →実は、ローカルに保存してあるオリジナルの動画のタイトルがセーラーモヤシですw

>コメント番号46:雪歩かっこよかったな
 →凛々しい雪歩は好きですか⇒大好物です!

>コメント番号55etc.:やよいの必殺技に関するコメ
 →他のやつは回転とか激しすぎて編集ができなかったんですよ。後は改変が時間的に追いつかなくて。間に合えばムーンスパイラルハートアタックになる予定でした。

>コメント番号59:名前繋がりかw
 →後はボクの趣味です(←ここ重要

>コメント番号63:ほんと響は身長以外はあうなぁwww
 →まこっちゃんもハイスペックですしね~。ぶっちゃけ、まこっちゃんはアイドルになれる素質がある。

>コメント番号65:原作だとウラヌスはガチでりょうs(ry・・・
 →今回は見た目重視で選びましたしね……。本編でやるなら男装の麗人になりますね。

>コメント番号68:最初のシリーズも最後かなり熾烈を極めたからなぁ
 →子供じゃなくてもトラウマになりましたよ・・・

>コメント番号69:まぁ両性だったのはスターライツもそうだったようなwww
 →当時視聴していたときは何で男が女になれるのかまるでわかりませんでしたけどね。……純粋だったんだなぁ・・・。

>コメント番号71:そういえばはるかはレーサーだったなw
 →そういえば高級スポーツカー乗り回してたなぁ……。そんなところに接点がw

>コメント番号74:真美はダークセーラー戦士とかかな?(昨今のダークプリキュアみたいな)
 →裏設定ですが、真美は水星が誕生するときに砕けてしまい、太陽を中心に水星の反対側を同じ軌道で回っている小惑星が守護星という設定です。当初双子の守護戦士となる筈だったが、真美の守護範囲が影に回ってしまいそこをイオリに助けられたというシナリオがあったります(こんなの書くと本編作れとか言われそうだなぁ^^;)

>コメント番号78:ごめん、お尻に見えたw
 →そう言われちゃったから自分もお尻に見え始めてしまった……。

>コメント番号79:無印の頃は中二だったから、ちょっと若い感じか
 →やよいが13歳なので物語は卒業と同時に終了ですねw

>コメント番号80:当たってる技見ると、亜美vs真美・絵里vs尾崎・美希vs千早・貴音vs響になるな・・・。
 →その通りです。一応セーラームーンのwikiや原作で確認し、倒される相手に割り振ってます。

>コメント番号102:タキシードの人はPなのか??
 →最初はそうだったんですけど、涼やよもいいかもと思い設定変更。涼がタキシードになりました。

とりあえず、今回はここまで。
それではまた~。
スポンサーサイト

お久しぶりな新作

2010-11-07
アイドルマスター
こん○○わ。もるだーPです。

色々とリアル事情が重なり、宣伝なども満足にできなかった少女マンガm@sterですが、それでもたくさんの参加者ととても面白い作品が集まり、完全に俺得な企画ではありましたが、何とか無事終了となりました~。

ただ、一応次を考えているので、今回参加を見合わせた方は少女マンガm@ster企画ブログを今後ともチェックお願いいたします。


さて、それでは今回作った企画者動画の裏話とコメント返信を。



<今回の制作秘話>
・リアル事情によって全然作業できず。
・前半部分は7月には完成していたのになぁ……。
・その後が酷かった。
・実質の制作期間は一ヶ月弱くらいじゃないかな?
・もっとエフェクトかけて、必殺技もオリジナルで作りたかったけど、それなりに満足。
・セーラームーンの必殺技は、やよいのトレスをはめ込む予定でした。まぁそれなりに満足。
・OPも実は半分制作していました。
・時間なくて断念。
・伊織→ハニワP様
・絵里→朱院蒼紋様
・千早→かも様
・貴音→tkhs様
・春香→ともつか治臣様
・今回の完全版を作るにあたって、六人の絵師様に改めて感謝を。ありがとうございました。

・質問が多かったので、配役を
 セーラームーン→高槻やよい
 セーラーマーキュリー→双海亜美
 セーラーマーズ→尾崎玲子
 セーラージュピター→我那覇響
 セーラーヴィーナス→星井美希
 セーラーウラヌス→菊地真
 セーラーネプチューン→秋月律子
 セーラーサターン→萩原雪歩
 セーラープルート→三浦あずさ
 ジェダイト→水谷絵里
 ネフライト→双海真美
 ゾイサイト→如月千早
 クンツァイト→四条貴音
 クイン・ベリル→水瀬伊織
 クイン・メタリア→天海春香

・また、動画に出ていなかったけど、裏設定として決まっていた配役。
 セーラースターライツ→日高愛、水谷絵里(二役)、岡本まなみ
 火球皇女→日高舞
 タキシード仮面→秋月涼

・色々と不満はあれど、これがもるだーPの考えていた配役です。
・これでセーラームーンim@sは終了です。
・多分もう作らない。


<画像素材>
架空戦記ろだスレの皆様。
モリモリソザイ様
ニコニ・コモンズ様
・その他、URLを控え忘れてしまった壁紙絵師様達(汗)→すいません。もし規則違反してたらご連絡ください。もう量多くて探せない。


<音素材>
マッチメイカァズ様
フリー効果音 On-Jin様

<サントラ系>
・セーラームーン メモリアルOST
・セーラームーンR メモリアルOST
・セーラームーンS メモリアルOST
・セーラームーンSS メモリアルOST
・セーラースターズ メモリアルOST
・セーラームーンR 映画版OST
・セーラームーンS 映画版OST
・セーラームーンSS 映画版OST

<スペシャルサンクス>
・百合根P様
→きっかけは確かに百合根Pのラフでしたが、その後煽ったのはボクだしなぁ。調子にすぐ乗るのが自分の悪い部分だ。反省反省。だけど外太陽系戦士、お待ちしてます!(←舌の根も乾かぬうちに)

・ハニワP様
→カクテルDSXにて使用のイラストの利用許可をいただきました。本当にありがとうございます。やはりあの伊織は最高です。ハイヒールでグリグリせめられt(ry

・朱院蒼紋様
→唐突なお願いを了承していただき、本当にありがとうございました。しかも描き直しまで……。あのメールを見た瞬間、頭がパニックになりおかしなメールを返信してしまって申し訳ありませんでした。

・tkhs様
→同じく唐突なお願いを了承していただき、ありがとうございます。更にはPSDデータまで……。おかげで作業効率が跳ね上がりました。締め切りに間に合った要因の一つは間違いなくtkhs様のデータです!(と、いうくらいつらかった制作作業)

・かも様
→上記お二方と同じく、突然のお願いに了承いただきました。ありがとうございます。しかも、こんな底辺Pの名前をご存知いただけているなんて……。もう恐縮しすぎてどうしようかと思いました。

・ともつか治臣様
 →唐突どころか、動画投稿一日前という切羽詰った状態でお願いしてしまいました。すぐに返信いただき本当に助かりました。ありがとうございました!

<絵師様のHP関連URL>
【百合根P様】
つれづれ番組表

【ハニワP様】
PIXIV

【朱院蒼紋様】
猫のお味噌
PIXIV

【tkhs様】
PIXIV

【かも様】
PIXIV

【ともつか治臣様】
急行兎


今回も色々な方にお世話になりました。
おかげでしっかりとした内容の動画ができたと思います。
改めて心からお礼申し上げます。

次回はGS美神の四話後半ですかね。
実は五話用にぎょPから動画を使わせていただく許可をもらいましたのではやく使いたいw
頑張って今月中には四話終わらせたいと思います~。

ではでは~。

アイマス2……アイマス2ね……

2010-09-23
アイドルマスター
こん○○わ。もるだーPです。

ニコニコで9・18事件とまで言われてしまったアイマス2の新しい発表がありましたねー。
自分は忙しくて見たのが9/20だったんですけど、さすがにあれは唖然とした。

が!

自分はあれはあれでアリだと思った。

なんだよー。
「Twitterじゃやる気起きない~とか言ってたじゃないか~」
とか言われそうですが、ちょいと時間が経って改めてみると、そんなに悪くないバランスかもしれないと。

だからと言って全面的に肯定か? と言われればそんな事はなく、

1.ソロプロデュースがない。
2.竜宮小町のプロデュース不可。

この二点に関しては是非とも改善してもらいたいなと。

これに関しては今後どうなるか注目です。



さて、ついでなんで今回の騒動に関して自分の主観的意見を述べておこうかなと。
まず私自身のスタンスとして、

キャラ云々よりもキャラを活かせるシナリオであるか?

これを尤も重要視しております。

そのため、ジュピター出てきたりする事に関しては一向に構わなかったりします。
逆に自分は「これでノベマスに男性キャラという幅がもてたぞ」という感想です。これまで男性キャラがPと社長くらいだったので、色々と作る側としては制限があったのは事実なため(あ、武田さん忘れてた)、そういうのをなしで色々と作れそうだなぁとは思いました。
PVに関しても普通に「あ、カッコイイな」でしたし。

人によっては総統閣下もおっしゃっておられるように、「可能性を示したらおしまいなんだ!」というキャラ愛派の意見があるでしょう。と、いうか、今現状だとこれが主流なのかな? 
自分もキャラとしては真と伊織が好きなので、気持ち的にはわからなくはないんですが、実は自分はディレ1と同じ思考なのか全く気にならないんですよね^^;
密林の発売前レビューにも何度か出てましたが、「ゲームにリアルさを求めすぎるのはどうなんだ?」という意見が見受けられました。

自分はアリです。

いいじゃない。
ゲームにリアルさを取り入れたって。
所謂バーチャルアイドルとしての一面を表に出すという事にしかならないと思う。
同人関連でヤられているシーンが作りやすくなるのがだめだ。というけれどそれって今までと何も変わってないって事じゃないかな?
元々P相手に色々ヤやれている作品はたくさんあり、怒るのならまずそこに怒るべき。
だって「貴方の好きなアイドルがヤられてる」んですから。そこに公式非公式は一切関係ないでしょう。
それを棚に上げて、公式だから~とかで騒ぎ立てるのは説得力がない。今回のディレ1のインタビュー記事と同じレベルと思います。

第一、元々アイドルはファンの手が届かない高嶺の花。
何があっても支えようという気概を持っているのが本当のファンじゃなかろうか?



次にユニット対決に関して。
今回は団結の中に対決を入れることで、親友(とも)から強敵(とも)へと表現を変えただけじゃないかなと思います。

またジュピターに関して追記すると、リアルに言えばAKB48対ジャニーズだけど、個人的にはどうでもいい。だからゲーム内に似たようなのが出てきても気にもならない。
商法云々は別にして。

なので、売り上げが負けたぁ。とは思っても、それが燃えにはならないというのが自分なりの結論。
その点ではディレ1の考えは的外れかなとは思ったりします。


そして今回自分のやる気をごっそり奪っていった竜宮小町とりっちゃんのプロデュース不可。
実は前々から思ってたんですが、PV1でりっちゃん、伊織、あずささん、亜美の露出が低いなぁとは思ってたんですよ。他のキャラハダンスなども披露したのにって。
もうあの時点から四人に関してはプロデュース不可だったんでしょうね。
ただ、竜宮小町の三人組に関してはプロデュース復活希望なんだけど、りっちゃんに関してはそうでもなかったりします。
と、いうのも、元々りっちゃんって裏方志望じゃなかったっけか? と思った次第でして。
なので彼女に関しては、プロデューサー見習いみたいにして、バンバン前に出てきてくれる形にしてくれたら嬉しいかな。
もし声優さんのスケジュールの関係でそうしたのであれば、雪歩みたいに別声優さんでも自分は一向に構わないし。声優さん込みでキャラかもしれませんが、自分としては声優さんは声優さん。キャラはキャラでしかないので、もしそれが理由なら是非とも取り下げてもらえたらなぁ。



最後に、ソロ活動ができない点に関しては、もう反対以外の何物も出てこないよね!

ソロ・デュオ・トリオ・パーティ。
これが全て行えるからこその面白さがアイマスじゃないかと。
ソロだから見えるキャラ像を崩してまでソロ不可にするメリットといったら~……アイマス2はパラレルワールドだから気にしちゃ負けとか?
それこそ外したら負けじゃないか……。
もうこれと竜宮小町は、本気で改善お願いします;;



最後に。
ディレ1のインタビューは読んでませんが、その中でニコマスに対して好意的ではないというコメントがあったとか。
おそらくこれはPV系ではなくてノベ系の人に言った発言じゃないかと考えています。
765コマンドとかあり、PVを自由に作れる仕様にしてあったので、PVは想像していたでしょう。
しかし、ノベのようにキャラ崩壊を含めて様々な世界とクロスさせていったり、オリジナルストーリーを作っていく事で、ディレ1の中にあるアイマス像を崩されてしまうのが不快なのではと推測しました。
まぁぶっちゃければ大人気ないなという言葉で締めくくれるんですが、これもジュピターの項目で話した公式非公式問わず、人気が出れば必然的に起きてしまう現象で、それをニコマス限定で不快であるとコメントするのはとても前提条件を間違えているとしか思えない。
まだそれなら最初から公式HPで、「二次創作は一切認めません」と記載してくれればいい。
何が一番ディレ1の発言で嫌だといえば、最初からやらず、人気が出たら一部にだけ制限をかけるような発言をさらっとするのが嫌ですね。

また「声優さんにあたる様なことは控えてほしい」とも言ってますが、言っていることは正論ですが顧客の意見を受けるべき制作陣が影に篭っちゃってる印象が強いため、正論を言うのであればそのフォローは是非ともほしいところ。

そういう制作陣の姿勢があるので、今のところアイマス2は買わない方向でいます。
不買運動……とまでは言わないまでも、今後何をかまされるかわかったもんじゃないのでw

今回の騒動に関してはこんな感じですかね?
ではでは~。

企画告知をうpしました

2010-08-04
アイドルマスター
こん○○わ。もるだーPです。

そんな訳で、セーラームーンの完成版も作らずに何をしていたかと言うと、企画を立ち上げてました(それでも四日遅れで告知)



少女マンガちっくなって言われても色々と難しいと思います。
そこは臨機応変にね? 難しかったらこっそり「こういうネタ考えてるんだけど……」と、自分にメールとか投げてくれればOKですので。

難しく考えずに、楽しめればいいなと思います。
皆様のご参加、お待ちしておりますー。

今更合作について

2010-07-31
アイドルマスター
こん○○わ。もるだーPです。

そんな訳で(どんな訳だ?)、合作が終了して二週間が経ちました。
いやはやその反動か、妙に動画以外のことをだらだらとやって過ごす状態になり、見事にまだセーラームーンの完全版が完成していないと言う始末。

うん。

そろそろ怒られるかもしれない。色々なところからw

さて、そんな脱力感を覚えつつ、そろそろいいかな~と思ったので、合作の裏話。



<今回のコメント>
・時間に追われる毎日でした。
・自分が制作に加わったのが四月頭で、実際に動き出したのが四月下旬頃。
・シナリオ完成まで一ヵ月半。
・実際の制作時間は二ヶ月半(多く見積もって)
・自分は原案、CM、ED、監修を担当。
・いくつかミスはあるけど、そこはつっこまれてないから無視。
・携帯着信音、黒子の着ボイスは春香さんのです。
・あ、しまった。EDで入れ忘れた場面があった!
・本来はED曲が終わった後に、亜美の独白が入ります。
・でも、そのEDはディレクターズカット版となっているため、DVDが発売されるまでお待ちください(爆
・どうしても見たい方は、惜しいPに許可をもらってください。総監督ですから。
・毎日ダメだししてたんで、冗談抜きで惜しいPとジムスキーPから刺されるかと思ってました。
・終わった瞬間の感想。「これでもうやらなくていい」
・BGMのCLANNAD縛りはわざとです。
・ちなみに、最初のドラマのモチーフは「君が望む永遠」
・OPもEDも君のぞの曲で行く予定でした。
・でも気づいたらCLANNADに。どうしてこうなった?
・とりあえず、泣きm@sのタグがついたので、感無量です。
・本当にお疲れ様でした。

<画像素材>
・ドラマエピローグに記載

<音素材>
・ドラマエピローグに記載

<サントラ系>
・Im@s OST
・CLANNAD OST

<スペシャルサンクス>
・ドワオP
 →アイドルの制服グラを使用させていただきました。
新訳!ドワオPブログ

エピローグに亜美の独白を入れると、妙に切なくなります。
また、色々と亜美を助けた後の雪歩に色々な推測が飛んでましたが、制作班と協議の結果、これは皆さんの想像にお任せするという方式でいきたいと思います。
だってその方が面白そうなんだもんw

さて、それとは別に気になったコメントがあったので一つ紹介。

・アニメ化希望
→それどこの3A07ですかー!!??(製作者全員の叫び

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © もるだーP All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。